Xacti ライブラリに使用できるハードディスクドライブ

Xacti ライブラリで使用できるハードディスクドライブは、以下の条件を満たしているものです。

使用できるハードディスクドライブ

  • USB2.0対応のもの
    USB1.x対応のハードディスクドライブは使用できません。
    ネットワーク接続型ハードディスクドライブ(NAS)は使用できません。
  • 電源を自己供給できるもの
    USBケーブルから電源を取る(バスパワー方式)ハードディスクドライブは使用できません。
  • FAT32形式で初期化したハードディスクドライブ
    FAT32以外の形式(NTFSなど)で初期化したハードディスクドライブはカメラ本体でフォーマットを行うか、あらかじめパソコンでFAT32へフォーマットしてからご使用ください。
    ※ハードディスクドライブをフォーマットすると、ファイルおよびデータがすべて削除されます。
  • シングルパーテーションを推奨
    パーテーションの設定はシングルパーテーションを推奨します。
    ドライブに複数のパーテーションがある場合は優先順位の高いボリュームのみ使用できます。
  • ハードディスクドライブ容量制限について
    ライブラリに使用できるハードディスクドライブの容量は2.0TBまでです。
    2.0TBを超えるRAID対応のドライブではRAID1モード(ミラーリング)の設定をして最大容量2TB以下のディスクとしてご利用ください。

    ・RAIDの設定にはPCに接続し、付属のユーティリティで設定する場合があります。
    詳しくはハードディスクドライブの取扱説明書をご確認ください。

 

>> デジタルムービーカメラ Xacti の使い方へ戻る
>> トップページへ戻る